中学生のバストアップ方法

P

中学生は一番多感な時期です。子どもと大人とのはざまで、大きく体や心が成長する時期でもあります。

 

そんな中学生の女の子で、バストに関する悩みを持っている女の子は多いです。周りの友達と自分の胸の大きさを見比べたりしてあまりにも自分が小さかったら焦ってしまいますよね。

 

そこで中学生でもできるバストアップの方法についてご紹介したいと思います。

 

中学生は一番成長しやすい時期でもあるのでバストアップ効果のある食品を食べる、育乳ブラをつける、睡眠をしっかりととる、ストレスをためない、マッサージをするといった方法が効果的です。

 

食事で大きく育てる

バストアップ効果のある食品としてあげられるものに大豆があります。

 

また大豆や豆腐、豆乳、枝豆や納豆などの豆類全般に多く含まれている豆乳イソフラボンという成分がバストアップに高い効果を得ることができる成分となっています。

 

またビタミンEもお勧めです。ビタミンEはホウレンソウ、アボカドなどに豊富に含まれます。

 

育乳ブラ

中学生の場合本格的なブラジャーではなく、子供用のブラジャーをつけている時期ですが、もし効率よく大きく育てたい!と思ったら通販で育乳ブラジャーを購入するのも一つの方法です。

 

睡眠をとる

なぜバストアップに睡眠がよいと言われているのかというと、しっかりと寝る事で胸の成長に必要な成長ホルモンが正常に分泌されるからです。

 

この成長ホルモンがラクトゲン受容体にくっつくと胸が成長していきます。つまり成長ホルモンが分泌されずにいると胸が大きくなる機会をそのまま逃してしまう事になるんです。

 

できるだけ早く寝る事を心がけてみてください。

 

ストレスをためない

ストレスをためると胸の成長に必要不可欠な女性ホルモンの分泌が悪くなります。ストレスが大きくかかるダイエットはしないようにしましょう。

 

バストアップマッサージをする

食べ物で内側からバストケアをしたら、外側からもマッサージをすると効果的です。リンパを優しくマッサージして胸に必要な栄養素がしっかりといくようにマッサージしましょう。

 

入浴中におこなうと血流がよくなっているので効果的です。

 

 

バストアップサプリは?

P

ハニーココは安全なバストアップサプリですが、もしあなたが中学生であればこういったバストアップサプリではなく普段の私生活でストレスをなくして成長ホルモンの分泌を促したほうがより安全で効果的です。

 

もうすでに女性ホルモンの分泌が多く、不安定な時期でもあるので身体を考えると飲まずに成長させたほうが今後の胸の成長も妨げません。

 

プエラリアはホルモンが安定する20歳頃から飲むのが理想的です。